善玉菌の種類について知る

一言で善玉菌とは言えども、その種類について見てみると、実はいくつかの種類が存在することに気づきます。

もちろん、この種類について知っておけば、善玉菌に関してより深く理解することに繋がっていくのは、言うまでもありません。ここでは、善玉菌の種類にはどんなものがあるのかについてお話します。

大きく分けると、2種類の菌が存在します。1種類目は乳酸菌です。この乳酸菌は、いわゆる乳酸飲料に含まれていることが多く、それだけ目にする機会も多いと言えます。

更に乳酸菌の種類に関して分類してみると、乳酸桿菌と乳酸球菌という2つの乳酸菌というカテゴライズができます。

fuenmce.jpg

前者の乳酸桿菌は棒のような形をしているのですが、後者の乳酸球菌はボールのような形をしています。

この2種類の菌が車輪の両輪のように働くことによって、乳酸菌としての効力を発揮していくことになります。

そして、どちらのタイプの乳酸菌についても、悪玉菌が体内で繁殖してくれるのを予防することができるので、それだけのことでも非常に有難く感じます。

では、2種類目の菌についてはどうでしょうか。これについては、ビフィズス菌が挙げられます。

ビフィズス菌は、先述の乳酸菌と同じように、腸内の環境を整えることに大きな力を発揮します。

免疫力をアップしたり、あるいはアレルギーの症状を改善するためには、やはりビフィズス菌の力が必要になります。

乳酸を作り出すという点では乳酸菌と同じなのですが、分岐の仕方がアルファベットのYやVの字を描くような形になっているのが特徴的です。