善玉菌を増やす、効果的なポイント

腸内の善玉菌を増やすことは、私たちの健康のために重要な要素であることがわかっています。では、善玉菌を増やすには、具体的にどのようにしたらよいのでしょうか?

基本は、なんといっても食生活。肉類中心・野菜不足の食生活を続けていると、悪玉菌がどんどん増えてしまいます。善玉菌を増やすことを意識した食事に改善していきましょう。
善玉菌を増やすには?

善玉菌の多く含まれる食材
善玉菌の代表格である乳酸菌、ビフィズス菌を多く含む食品を摂ることが、善玉菌を増やす正統法。ヨーグルト、チーズ、牛乳が代表的ですが、これらは手軽に補給できるので毎日の食事にも取り入れやすいですよね。チーズはプロセスチーズより、ナチュラルチーズのほうが乳酸菌の働きが高いようです。また、この他にぬか漬けや味噌なども善玉菌が含まれる食材としておすすめです。

善玉菌のエサになる食材
オリゴ糖やグルコン酸は善玉菌のエサとなりますので、これをらを含む食品を摂ることで腸内にいる善玉菌が増やせます。オリゴ糖を含んだバナナは、食物繊維もたっぷりなのでおすすめ。また、オリゴ糖とグルコン酸の両方を含んだはちみつ、グルコン酸がたっぷり含まれたポン酢も最適な食材です。
悪玉菌を退治する食材
善玉菌を増やすだけでなく、悪玉菌を退治する働きのある食材も、積極的に摂りたいもの。納豆に含まれる納豆菌は悪玉菌であるピロリ菌を退治します。納豆菌は腸内で住み続けられないため、毎日50gを欠かさず摂るようにしましょう。